カードローン

MENU

カードローンのおすすめ

即日融資

来店不要のカードローンが人気です。現金が必要な時は、突然訪れますよね。そんなピンチも、カードローンが解決します。

 

流れでいいますと、午前中にカードローンの申込をして審査を通過すると、午後には、現金が口座に振り込まれるパターンが一般的です。急な冠婚葬祭や、突然の飲み会の時などで手持ちが無い時でもカードローンで乗り切れます!

 

来店する必要もなければ、何か郵送する必要もなくカードローンを利用できます。

 

現在のキャッシングはWEB上で全て完結してしまうのでとっても効率的です。カードローンの申込・契約には運転免許証などの必要書類などもございますが、スマフォや携帯電話で、写メールを撮ってメールすればオッケーです。

 

各社、30日間無利息や、低金利、収入証明が不要、あるいは、カードレスなど特徴があります。あなたにピッタリの金融会社をお選びください。

 

 

>>法人でお急ぎの方はコチラ

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
来店不要で即日融資(最短1時間融資!!)も可能なプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)!また、プロミスなら、初めてのご利用の方は、30日間無利息サービスがございます。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)そして、「瞬フリ(振込キャッシング)※」のサービスを活用すれば、24時間最短10秒で振込キャッシングが可能です!とても便利です!また、土日祝でもネットから申し込みをして自動契約機に駆け込めば、スグに借りることができます。※「三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座をプロミスにご登録頂ければ、24時間最短10秒でお振込み可能」「詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。」

 

>>プロミスの公式サイトはコチラ

  

 

>>プロミスレデース公式サイト

>>プロミスならではサービス!

 

融資スピード

実質年率

融資限度額

最短1時間融資

4.5%〜17.8%

500万円

来店不要

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)・・・阿部寛さんのCMでも大人気!安心感抜群の銀行カードローン
三菱UFJ銀行 大手都市銀行の三菱UFJ銀行のカードローンだから低金利!キャッシングを安心して利用したい方に最適なサービスの代表格です。まずは公式サイトのお試し診断をお試し下さい。※事業性資金を除く

三菱UFJ銀行

融資スピード 実質年率 融資限度額
- 1.8%〜14.6% 500万円

三井住友銀行カードローン
金利:年4.0%〜14.5%(変動金利)最大限度額 最高800万円 最短30分審査 三井住友銀行に口座がない方でもお申し込み可能な所も魅力的です!

三井住友銀行

融資スピード 実質年率 最大限度額
最短即日 4.0%〜14.5% 800万円

即日融資

SMBCモビット・・・竹中直人さんと夏菜さんのコマーシャルでお馴染み!
モビット 来店不要で即日融資も可能!14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)

モビットは、10秒で簡易審査結果表示されるのでわかりやすいです。スピーディーな審査を受けられると評判のモビットで安心してスピードキャッシングしてみませんか?(10秒簡易審査の結果表示は、事前審査による結果表示となります。)WEB完結申込なら、お勤め先確認の際に電話確認なし!郵送物なし!

モビット

融資スピード 実質年率 融資限度額
最短即日 3.0%〜18.0% 800万円

スルガ銀行カードローン・・・専業主婦でもOK!
アルバイト、専業主婦の方でも申込可能の安心銀行カードローン!50万までの借り入れは収入証明書は原則不要!もちろんハイスピード!来店不要!※月に3000円から、ゆとりのある返済ができます。

スルガ銀行

融資スピード 実質年率 融資限度額
最短翌営業日 3.9%〜14.9% 800万円

クレカ

来店不要

アコムACマスターカード
アコムACマスターカード クレカ機能が付いたカードローンならアコムACマスターカード!即日発行も可能なのでお急ぎの方でも作れます!一定の収入があればパート・アルバイトの方でもOK!カードにはアコムの表記がないのでパット見てもわかりません。公式サイトよりカード発行可能かどうかの3秒診断ができます!

アコムACマスターカード申込

クレカ発行スピード 実質年率 融資限度額
最短即日 10.0%〜14.6% 10万円〜300万円

カードローンとフリーローンの違いとは

フリーローン

カードローンはフリーローンという金融商品に分類されますが、実はまったく同じものではありません。どちらも無担保・無保証で契約ができ、使途限定がされていませんが、限度額内で繰り返し利用ができるか否かという点で違いが生じます。

 

カードローンは利用限度額内で、借入と返済を繰り返すことができます。例えば限度額が50万円とすると、そこから10万円を借りれば残りは40万円まで借入できますが、借入した10万円から3万円を返済すれば残り43万円まで借入できる枠が増えます。このように借入をしても返済をした分だけ限度額内の枠が増えて活用できるようになるのです。

 

しかしフリーローンでは繰り返し活用することはできません。限度額50万円から10万円を借りれば、残りは40万円まで借りられるというのは同じですが、そこへ3万円を返済したとしても枠が増えることなく40万円のままです。そのまま借入を続け、限度額50万円分を借りてしまったら、再度契約しなおす必要があります。要するに借りたら返済のみをしていくということです。便利なのはカードローンですが、計画性を持てない人はフリーローンのほうがいいでしょう。